MENU

MENU

その他

その他

慢性腎臓病と飲水量の不足について

慢性腎臓病とは何らかの原因で腎臓の機能が3か月以上にわたり低下している状態を指します。 慢性腎臓病は加齢とともに増えていき、10歳以上の猫の30~40%の猫が発症すると言われています。   初期症状は多飲多尿(おしっこがたくさん出て、お水をたくさん飲むこと)ですが、この症状が現れる頃には腎臓の機能が残り1/3以下になってしまっています。 一般の血液検査で腎臓の数値(クレアチニン)が上がってくる頃には腎臓の機能は残り1/4以下になってからとされています。最近ではSDMAという項目も血液検査で調べることが可能になり、腎臓の障害が40%以上に進むと上昇するとされています。 症状だけでは早期 […]

その他

おしっこトラブルに要注意!(男の子の尿道閉塞を中心に)

前回に引き続き飲水量の低下に伴うトラブルを紹介します。 特に若い男の子が要注意! 飲水量の減少に伴いおしっこが濃くなります。また、膀胱にため込む時間が長くなるため、膀胱内での結石の形成が起きやすくなります。 代表的な結石は①ストラバイト結石および②シュウ酸カルシウム結石です。 この時期、特に問題になりやすいのは①のストラバイト結石で、比較的若い猫ちゃんに多くみられます。 結石はミネラルの結晶がくっつくことで形成されます。(水に塩を溶かしたとき、ある程度の濃さになると溶け切らなくなるのと同じ状態と思ってください。) 男の子はペニスがあるため、尿道が長くて、先端に行くほど細くなっています。砂粒状の […]

その他

冬場の飲水量の低下にご注意を!

寒くなってくると ・活動性の低下(猫ちゃんは寒さは苦手です) ・水温の低下(冷たい水を飲みたがりません) といった理由から飲水量の低下が起こりがちです。   飲水量が少なくなると泌尿器系のトラブルが多くなります。 3回に分けて お水を飲ませる工夫 尿石症 慢性腎臓病 についてお話ししたいと思います。   ~お水を飲ませる工夫~ まずは寒さにこごえてじっとしているとそもそも動いてくれません。適切に空調管理をして室温を温かくしましょう。もともと砂漠由来の動物とされていますので寒さには弱いです。また人よりも平熱が高いですので、人が感じている寒さ以上に猫ちゃんは寒く感じているのかも […]

その他

動物取扱責任者研修に参加してきました。

11月16日に群馬県主催の動物取扱責任者研修に参加してきました。 動物取扱責任者というのはペットホテルの業務を請け負う際に必要な資格を持った人物を指します。 今回の講習内容は『動物愛護管理法』の改正内容の確認や県の動物愛護に関する取り組みの紹介などでした。 その中で動物愛護センターでの譲渡事業に関する報告がありました。 令和1年度、群馬県全体の猫の引き取り数は1905頭、そのうち譲渡数417頭、殺処分数1461頭という数字でした。いずれも多くは子猫の数となっています。(現在成猫の野良は引き取りを断るケースが多いそうです。なお、殺処分=安楽死ではありません。) 殺処分数、減少傾向にあるとはいえ、 […]

その他

デンタルケア始めてみませんか?

当院ではデンタルケアを推奨しています。 猫ちゃんだって歯は大事! 何もしないと溜まった歯垢が歯石に変わり、歯周病や口臭の原因になってしまいます(歯垢は約7日で歯石に変化します)。 また、猫ちゃん特有の歯肉口内炎や歯の吸収病巣を発症すると、強い痛みを伴い、食欲不振や口からの出血、ヨダレによる体の汚れなどを引き起こします。 歯が汚いと慢性腎臓病のリスクが上昇するとの報告もありますので、口腔内の衛生管理は重要です。 デンタルケアの方法は歯ブラシによる歯磨きが一番有効です。 猫ちゃんの歯磨きは難易度の高い日常ケアですが、ステップを踏みながら徐々に慣らしていくとさせてくれる子が多いです。 いきなり口の中 […]

その他

当院ではペットホテルを行っております。

大切なご家族をお預かりするため、より快適に猫ちゃんが過ごせるよう工夫してお待ちしております。 ただ今お預かりしている猫ちゃんはラガマフィンの女の子。リラックスしてゴロゴロゴロゴロ鳴いています。 今年はお盆期間もお預かり可能です。 愛用している道具を持ち込み出来ます。  お外を眺めることができます。